忍者ブログ
  • 2020.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/05/28 00:39 】 |
王虎 対戦攻略
王虎というば威力絶大の各種大斬りや爆転法での一発逆転が思い浮かぶが、現実はそう甘くない。
勝ちに行くためには大技を我慢してじっとチャンス待つ忍耐が必要。


〇立ち回り

王虎には気軽に振って行けるリーチの長い技が無いため地上戦はやや苦手。
あまり相手との差し合いには付き合わず、「攻めるふりをして待つ」のがポイント。
とりあえず何か一発当ててリードを奪い、得意のガン待ち展開まで持っていきたい。

地上戦で主に使っていくのは遠下小斬り。
リーチがさほど無いが、隙が少なく使いやすい。
これを相手が何かしようとしたところにペシペシ当てていく。
リーチが欲しいときは遠立ち中斬りがやや発生は遅いが役に立つ。
中足払いは判定が強く、幻庵の爪など一部の斬り技を一方的に潰す。

王虎といえば忘れてはならないのが遠立ち大斬り。
ズームアウト時でも届く驚異的なリーチと、ひ弱なキャラなら一発でピヨらせる威力を持つ。
ただし覇王丸の斬鉄と違って、振ってしまえばフォロー不可の多大な隙を晒す。
ガードされれば反撃はまず免れない。
相手の空振りに反応して即差し込めるようになると強い。

またあまり乱用するのは褒められたものではないが、ぶっぱなし技としても純粋に強い。
上で書いたようにガードされると反撃確定だが、当たればそれだけのリターンはある。
攻撃力上昇時はピヨらせやすくもなる。
ピヨらせればジャンプ大斬り>大斬りなり、近立ち大斬り>旋風斬の連続技でほぼ勝ちは確定。
相手が気を抜いた瞬間にぶっぱなそう。


〇体力をリードしたら…

体力をリードしたらガン待ちモード。
発生1フレームという反則的な速さの小足払いで地上からの接近を拒み、焦れた相手が飛び込んできたら対空技で落とす。

対空に使う技だがまずは気功旋風斬。
対空技として非常に強力でほとんどの飛び込みを落とす。
起き上がりに飛び込みを重ねられてもリバーサルで出せば返せる。
可能な限り対空はこれで行いたい。
ただしめくり気味に飛び込まれるとスカってしまう恐れがあるので、そういった場合は下記の下中斬りで落とすか、ダッシュで下をくぐって着地に技を重ねたい。

もう一つはお手軽な下中斬り。
旋風斬と比べると信頼性が落ちるが、ワンボタンで出せるのはやはり強み。
またアースクエイクに飛び込まれた場合は旋風斬よりも下中斬りで対応した方がよい(小K無敵でスカされてもガードさせられる)。


〇リードを奪われたら…

逆に体力をリードされたら、こちらから攻めていかざるをえない。
これが結構辛い。
王虎はしゃがみガード方向にレバーを入れると後に下がってしまうので、ガードを固めつつ少しずつ前進して間合いを詰めるということがやりにくい。

相手が待ちに入ってガードを固めたら、ダッシュ投げorダッシュ旋風斬の無理矢理二択で崩す。
王虎のダッシュは短距離で停止できるので小回りが効きある意味性能が良い。
ダッシュ投げを嫌って手を出してきた相手の技を旋風斬で刈り取る。
投げ、旋風斬でダウンを奪ったら起き攻めで逆転だ。

起き攻めはジャンプ大斬りをめくり気味に重ねる。
ヒットすれば威力が大きく、その後即小足払いに繋げればピヨりも狙える。
ガードされたら投げを狙いたいが、王虎の場合は足の遅さと投げ間合いの狭さと相まってちょっと難しい。


〇気功爆転法

武器を投げる王虎の象徴的な必殺技、気功爆転法。
当たれば威力が大きいが、失敗すれば武器を失うというハイリスクハイリターン。
だがその武器を失うというリスクが大きすぎる・・・。
適当に武器を放り投げないように。
確実にいくなら最後のケズり技として使うぐらいか。
だが全く使わないのも勿体無いので使い道を考えよう。

基本的には画面端で相手を転ばせた際の起き攻めに使用する。
画面端で転んだ相手に中もしくは大の爆転法を重ねる。
大の爆転法は重ねるタイミングによってめくりが狙えるのでガードを揺さぶれる。
爆転法の爆風をガードさせたら小足払いで誘爆を狙う。
当たれば爆風もヒットして大ダメージ。
相手がガードし続けるようなら爆風のガード硬直が切れた瞬間に投げを狙う。
ただしこのとき、近くに武器がある状態で素手投げを狙ってしまうと武器拾いが暴発してしまうので、蹴り投げを使うようにする。
投げを嫌ってジャンプで逃げるようなら昇りジャンプ中Pで迎撃する。

万が一爆転法後の武器回収に失敗してしまうと、それはもう悲惨な展開になる。
放っておいても負け戦は確実なので、ここはいっそ腹をくくって大足払いを狙うなり、ジャンプケツで飛び込むなり、ダッシュ素手投げを狙うなどして活路を開こう。


※参考 爆転法の軌道(青い矢印が王虎本体の、緑の矢印が武器の軌道)

小爆転法

中爆転法

大爆転法


ガチ対戦ではタムタムに次いで厳しいキャラ。
しかし待つことができればある程度の不利は軽減できるし、相手にリードを奪われても逆転できる可能性は持っている。
普段の立ち回りが地味なだけに、大斬りピヨらせて大逆点する瞬間は本当に気持ちがいい。
サムスピらしい一発逆転の醍醐味が凝縮されたキャラ、それが王虎だ。
PR
【2014/09/11 23:20 】 | 王虎攻略 | 有り難いご意見(0)
| ホーム |