忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 06:33 】 |
タムタム 対戦攻略
タムタムを使っていくうえで特に注意しないといけないのは「相手に接近させないこと」。
タムタムは相手に至近距離まで近づかれて投げを絡めた攻めをされると非常にキツい。
具体的には当て投げに弱い。
小技は遅いし、ジャンプも遅いので安易に逃げられない。

相手がタムタムに接近してくる手段としてまず考えられるのが飛び込み。
飛び込んでくることがわかるなら落とせば済む話だが、これがタムタムにとっては難しい。
対空はこれ一つでOKというものは無く、状況、相手の技に応じて各種使い分けなくてはならない。
知識、経験と反応速度が重要。
しかもミスれば死。
いとも簡単にピヨってしまう。
ジャンプ大斬りを喰らったら席を立とう。

ということでタムタムは対空を覚えなければ始まらない。
初っ端からヘコむ話ばっかりだがこれが現実。
タムタム道は修羅道なり。
というよりぶっちゃけ弱キャラ。


〇 対空

相手との距離がある程度離れていて、後ろにスペースが開いているのなら逃げジャンプ大斬りで迎撃。
威力もあるし可能な限り飛び込みはこれで落としたい。
通常の立ち回りでも、出来る限り「飛び込まれても逃げジャンプ大斬りで落とせる」間合いを維持するように心がける。
また背後にスペースが必要なので、画面端に追い詰められないようにする。
タムタムは対空を意識した陣取りが超重要。

画面端に追い込まれたり、近距離からめくり技で飛び込まれるとキツい。
反応できればダッシュで下をくぐることもできるが、タムタムの当たり判定が大きいのが災いしてよく引っ掛かる。
そういう場合は中パグナデオス。
出かかりに無敵時間があって、無敵時間が切れても当たり判定が低くなる。
開いた足が丁度飛び込んでくる相手の背中側から当てるようできればベスト。
真上から落ちてこられても結構落とせる。
威力も結構デカい。

他に下大斬り(近、遠)、立ち小中Kも場合によっては強力な対空技になるが、失敗したときがちょっと怖いね。

落せない!と思ったら無理せずガードするのもしゃーなしだな!
ガード後は発生の速い近立大斬りと無敵時間のあるデオスがいずれもリスクはあるが割り込みに使える。


〇立ち回り

前項で書いたように飛び込まれても逃げジャンプ大斬りで落とせる間合いを常に意識しながら立ち回る。
相手の飛び込みに気を配りつつ、牽制の小アハウガブル、判定の強い立ちキックを置きながらうろうろする。

アハウガブルは隙が小さくわりと気軽に出していけるが、あまり調子に乗って連発していると読まれて飛び上がったところを落とされる。
立ち小中Kはタムタムの当たり判定が後に引くので立会いで非常に強力。
相手が技を出しそうなところに置いておくことで、中途半端な技は片っ端から潰していく。
リーチの長い下段技である立ち大Kも判定が強い。
ただ隙が大きいので読まれて飛び込まれないように要注意。
一応、空キャンが効くので小アハウガブルを出しておけば保険になる。

遠立ち大斬りもリーチがあって使いやすい。
大斬りの割りに威力が無いが空キャンが効くので、小アハウガブルやムーラガブルでフォローが効く。
遠下大斬りは威力が高い。
相手が手を出してくるところに置いておくように出すといい感じ。

立ち大Kなどでダウンを奪ったら、相手の起き上がりに小アハウガブルを重ねてケズるのが安定。
ジャンプが遅いので、他のキャラではセオリーである飛び込みからの起き攻めはやや難しい(できないわけではないが)。
他には下で書く昇りジャンプ大斬りによるしゃがみガード崩しを狙ってやるのもいいだろう。


〇逃げジャンプ大斬り

タムタムといえば高速中段逃げジャンプ大斬り。
その長いリーチのおかげで、ジャンプ直後に出すとしゃがみガードしている相手に当たる。
下段の遠立ち大Kと合わせて使えば、いつでもガード崩しが狙える。

アハウガブルでもケズりと合わせれば、タムタム相手に待ちは通用しない。
すごいぞタムタム!
とはいったもののナコルル、幻庵、右京の3キャラには座高が低すぎて当たらない…詰んだ。
小斬りならナコルルと右京には当たるけど…

当たるキャラにも、昇り大斬りが当たる間合いというのがあって、遠すぎても当たらないし近すぎても当たらない。
相手ごとに微妙に違うので、練習して覚えて、狙うなら絶対に外さないようにしよう。
最低でもガードはさせたい。


上で書いてあるような動きをすればとりあえずはタムタムっぽい動きができます。
でもここで書いていない技にも色々な使い道があり、正直俺みたいなにわかではフォローができないほど奥が深いのがこのキャラ。
極めれば強キャラ勢をも圧倒するスペックを内に秘めている。
使っていて本当に楽しいキャラなので是非触ってみてほしい。

あっ、最後にパグナパグナの暴発には注意ね。
タムタムの死亡原因の約2割を担う典型的死亡フラグ(当社調べ)。
ガード状態から前に歩いて斬り技を出そうしたり、ガイコツ投げようとすると高確率で暴発する。
これさえ注意すればタムタムの勝率は確実にアップする。
PR
【2014/09/09 20:06 】 | タムタム攻略 | 有り難いご意見(0)
<<服部半蔵・ガルフォード 対戦攻略 | ホーム | ナコルル 対戦攻略>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>